ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月22日

エムボロ、逃走後バスタブに隠れる?「サッカーに集中したい」グラードバッハ

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 これまで受けたコロナ検査の結果は全て陰性だったため、ブレール・エムボロは予定通りにボルシア・メンヒェングラードバッハの練習へと参加。手術を受けた手には保護器具が装着されており、金曜夜に控えるドルトムントとの『ボルシア対決』に向けて、再びオプションとなることが見込まれる。とりわけ渦中にあるスイス代表FWが、ここでどういったパフォーマンスをみせるか、大いに注目が集まることだろう。

 木曜午後を迎えても、特に新たな展開は見受けられなかった。だが問題視されている土曜の夜については、これまでとは異なる話題が浮上しているところであり、エムボロ自身はエッセンの知人のアパートにて友人らと、バスケットボールの試合を観戦していたと述べ、近隣で行われたパーティ会場から屋根を伝って逃走したことはおろか、参加自体について強く否定。

 一方で警察ではそのパーティから逃亡をはかった人物について特定はできていないものの、しかしながら問題のアパートではその後、ブレール・エムボロだけが確認できたという。「それはブレールの弁護士が明らかにしていく問題だ」と語った、グラードバッハのマルコ・ローゼ監督は改めて、「我々はサッカーに集中していきたい」と強調。

 しかしながらこれほど大きな騒動へと発展してしまっては、それも決して容易なことではないだろう。あの日の夜に起こったことの事実究明は大いに興味をそそるテーマであることに変わりはない。「信頼は重要な要素だ。それが損なわれれば、互いの絆に影響を与えることになる」と指揮官。

 ただ時間が経過し続報が報じられていくほどに状況は複雑化の一途をたどっているところであり、さらに大衆紙ビルトが伝えたところによればエムボロは、アパートのバスタブに隠れていたという。また同紙ではエムボロの関係者から慈善事業への寄付を打診、今回のことを重く反省し、過去のものとしたいと考えているようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報