ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月01日

最終日にCFと左SBの補強を目指すマインツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FSVマインツ05では今冬、マテタとチが去ったセンターフォワードと、アーロンが去った左サイドバックの補強を模索しているところだが、その両選手を共に、同じブンデスリーガのボルシア・メンヒェングラードバッハより迎え入れることになるかもしれない。

 前者の候補として挙がっているのが、ジュリオ・ビジャルバ。身長176cmでセンターフォワードのみならず、両ウィングでもプレー可能な22才のパラグアイ人FWは昨季オーストリア1部アルタッハにレンタル移籍。今夏にも移籍先を模索していた。

 そして昨夏にオーストリア1部オーストリア・ウィーンから加入したアンドレアス・ポウルセンが、左SBの候補として挙がっており共にグラードバッハは、レンタル移籍に応じる用意があるものの、ただ両選手ともにまだブンデス未経験という懸念材料もある。

ロベルト・グラッツェルのレンタルにも関心

 そんな中でkickerに対し、スウェンソン監督はこの移籍市場最終日に「希望をもって」FWの獲得を願っていることを明かしており、それはグラードバッハではなく、カーディフ・シティで見出したかもしれない。BBCが伝えkickerでも確認をとったところによると、マインツはロベルト・グラッツェルのレンタルへ関心を抱いているようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報