ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月17日

コーフェルト監督は「心のクラブ」ブレーメンに留まる?

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ここのところブンデスリーガにおけるホットな話題の1つとなっているのが、ボルシア・メンヒェングラードバッハのマルコ・ローゼ監督が、この夏よりボルシア・ドルトムントへと移籍することが確定したことだが、その一方でそのグラードバッハの後任監督候補として名前が挙がっているのが、ヴェルダー・ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督である。

 しかしながら水曜午前に、ブレーメンの有資格部門クレメンス・フリッツ担当は、「クラブ内とは異なり、より大袈裟に扱われていること」と述べ、例え実際にグラードバッハの希望リストに名を連ねていたとしても、「それは非難されるようなことではない」と述べ、「重要なことは、我々の中では全く、そのことはテーマになっていないということだ」と強調した。「全ての噂にコメントするつもりもない」

 確かにコーフェルト監督とブレーメンの契約は、まだ2023年まで残されている。そしてブレーメンでは様々な形で20年近く在籍し「非常に居心地よく過ごす心のクラブ」、監督としても2017年11月以来の就任ということで、現役監督の中で2番目の長期政権(最長はフライブルクのシュトライヒ監督で10年)を誇っている。

 しかしながら果たしてまだ30代の若手指揮官にとって、現在チャンピオンズリーグで戦う強豪クラブからの、魅力ある誘いを断るだけの理由として十分なものだろうか?コロナ危機に影響もあり財政面で苦しむブレーメンよりも見通しはよく、またサッカーの面でみても、目指す魅力的かつ活発なプレースタイルは、ブレーメンではなかなか実現できず、グラードバッハの方がより実現への可能性も高いはずだ。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報