ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月22日

グラードバッハの後任監督へ、シャビ・アロンソ氏?

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われた最下位FCシャルケ04戦では3−0と勝利をおさめ、ようやく連敗を7でストップさせることに成功した、ボルシア・メンヒェングラードバッハ。奇しくもその連敗街道は、マルコ・ローゼ監督の来季ドルトムント監督就任から始まっており、グラードバッハではシーズンと並行して後任監督人事にも追われているところ。

 マックス・エベールSDは、ドイツの国営放送ZDFに対して、「夏に向けた新監督をここ3週間、我々は非常に力を入れて模索しているところだ」と明かし、「多くの、良い話し合いを行えている。良い感じで来れているよ」と語った。そんな中でドイツの大衆紙ビルト、そしてシュポルト・ビルトでは、シャビ・アロンソ氏が就任する見通しであると報じている。

 現在はレアル・ソシエダのセカンドチームにて指導している同氏は、現役時代ではリヴァプール、そしてレアル・マドリードにてチャンピオンズリーグ制覇を果たすなど目覚しいキャリアを誇り、ドイツでは2014〜2017年にかけてバイエルンでプレー。だがkickerが得た情報によれば監督人事についてエベールSDは、まだ決断を下してはいないようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報