ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月23日

グラードバッハ、有力候補はシャビ・アロンソではなく、別の指揮官

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 世界的なスター選手として現役時代には活躍し、そして世界最高の監督の1人であるペップ・グアルディオラ監督の下で学び、現在はレアル・ソシエダのセカンドチームにて指導経験を積む、何よりバイエルン時代にドイツ語も対応できるようになったシャビ・アロンソ氏。

 ドイツの大衆紙ビルトは後任監督人事に着手するボルシア・メンヒェングラードバッハとの合意報道を伝えており、また実際にグラードバッハと同氏との間での接触はあったようだが、しかしながらkickerが得た情報によれば、まだそこまで熱を帯びるほどの展開はみられず、むしろその逆で、最有力候補というわけではないようだ。

 その一方でグラードバッハの後継者探しは終息へと向かっているようで、ドイツの国営放送ZDFに対して「非常に良い話し合いを多く重ねることができている。良い流れにあるよ。すでに最終局面へとむかっている」とコメント。つまりはおそらく来季グラードバッハのベンチに座っている監督はシャビ・アロンソではなく、最有力候補はまた別の監督だということである。 
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報