ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月09日

グラードバッハがヒュッター監督引き抜き?両者とも明言避ける

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 この夏にマルコ・ローゼ監督がボルシア・ドルトムントへと移籍することが既に明らかとなっている、ボルシア・メンヒェングラードバッハ。木曜日に行われた会見にてマックス・エベールSDには、後任の白羽の矢は既に立っているのか、発表のタイミングは例えば所属クラブのCL出場達成に関係するのか?との問いが寄せられた。

 それはVfLヴォルフスブルクのオリヴァー・グラスナー監督ではなく、アイントラハト・フランクフルトのアディ・ヒュッター監督について指摘したもの。これに対して同SDは具体的な答えを避け、「新監督の人物像については、だいぶ前から明確に我々の頭の中にある。何かを引き出そうとするのはわかるが、しかし今回も私からの動きはないよ。答えることはないし、答える気もない」と述べている。


 その一方で同じく木曜日に会見の席についていた、フランクフルトのヒュッター監督もまた、自身の将来について明言を避けており「同じことをいつまでも繰り返すのではなく、もっと大切なこと。ヴォルフスブルク戦に集中しないか」とコメント。前節では5位ドルトムントとのCL出場を賭けた直接対決を制しており、今回の3位ヴォルフスブルクも同様に重要な意味をもつ試合だ。

 逆にグラードバッハもまた、ヘルタとの一戦はせめてヨーロッパリーグ出場権の確保を目指すためにも、非常に重要な意味をもつ試合であり「これ以上の脆さはみせられない」とエベールSDは強調。なおコロナ感染が伝えられたヨナス・ホフマンは引き続き欠場、ふくらはぎに打撲を抱えるニコ・エルヴェディの出場にも疑問符がついているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報