ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月13日

シュトゥットガルト、グラードバッハからGKコーチを引き抜き

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・メンヒェングラードバッハのコーチ陣へ、次の変化が訪れる。kickerが得た情報によればシュテッフェン・クレブスGKコーチが、今季いっぱいでグラードバッハを後にし、VfBシュトゥットガルトへと移籍することになるようだ。同氏への関心については、3月末にkickerでお伝えしていた。

 バード・カンシュタット出身の同氏は、長年VfBシュトゥットガルトのユースチームで指導した経験をもち、2009年から2015年までU14、U17、U19など様々な世代を担当。2015年からはホッフェンハイムへと渡り、そこで現在シュトゥットガルトで指揮を執る、ペジェグリーノ・マタラッツォ監督、さらには守護神グレゴール・コーベルと知り合った。そして2018年からはグラードバッハのレジェンド、ウーヴェ・カンプスと共にグラードバッハのGKコーチを担当。

 なお来季からマルコ・ローゼ監督がボルシア・ドルトムントへと渡るグラードバッハでは、それん伴いザルツブルク時代かあアシスタントを務めるアレクサンダー・ツィックラー氏、レネ・マリッチ氏、そしてアスレティックコーチのパトリック・アイベンベルガー氏の穴埋めを行う必要があり、これにGKコーチも加わることに。

 ちなみにボルシア・メンヒェングラードバッハでもアイントラハト・フランクフルトから、アディ・ヒュッター監督を移籍金750万ユーロで引き抜くと見られており、それい伴いアシスタントを務めるクリスチャン・パインティンガー氏の加入も見込まれているところ。なおドルトムントから手にする移籍金500万ユーロを今回の獲得に投じることになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報