ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月11日

仏代表マーカス・テュラムに、トッテナムからも関心

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 フランスの「RMC Sport」によれば、プレミアリーグのトッテナム・ホットスパーが、ボルシア・メンヒェングラードバッハに所属する、マーカス・テュラムに対して関心を示しており、すでに同クラブとテュラム側との間では交渉も行われているようだ。

 しかしながらテュラムに関心を示してるのはトッテナムだけではなく他クラブからも、これからフランス代表の一員としてユーロに臨むFWを高く評価しているところであり、一方でグラードバッハ側は2023年まで残す契約に例外条項が付随していたものの、すでにその行使期間は経過した状況にある。

 2シーズン前にフランスからグラードバッハへと渡った23歳のアタッカーは、これまでブンデス通算60試合に出場して18得点をマーク。今季はリーグ戦29試合に出場して8得点7アシスト、kicker採点平均3.41を記録しており、CLでは8試合に出場(2得点4アシスト)。ドイツ杯には3試合に出場している(1得点1アシスト)。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報