ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月20日

グラードバッハIIのニーヒューズ、3部カイザースラウテルンへ

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス3部1.FCカイザースラウテルンは、ボルシア・メンヒェングラードバッハのセカンドチームから、ユリアン・ニーヒューズを獲得したことを発表した。20歳のディフェンダーはフリートランスファーにて加入。身長195cmでミュンスター生まれの同選手は、地元のSCプロイセンにて育成され、3年前にグラードバッハの門を叩いていた。

 そして2年間U19でプレーした後、昨季はセカンドチームの主力選手としてプレー。ブンデス4部相当レギオナルリーガの西地区でボランチや3バックの中心を担い、5得点をマーク。「ユリアンのような才能を獲得でき嬉しく思う。ボランチでの経験があり、大型ながら動きも非常によく、理解度も高い」とヘンゲン取締役はコメント。ニーヒューズも「ここでのスタイルにもメンタリティにも好感がもてる。自分にマッチしていると思う」と語っている。

ライアン・アディゴが3部ヴュルツブルクのテストに参加

 またグラードバッハのセカンドチームからは、同じくブンデス3部へと新シーズンより降格することになるヴュルツブルガー・キッカースのテスト生として、ライアン・アディゴが参加。中盤の右サイドを主戦場とする20歳は、昨季は4部相当で19試合にプレー、5試合は先発出場しており、さっそく出場したテストマッチでもスターティングメンバーに名を連ねている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報