ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月15日

グラードバッハ、モリッツ・ニコラスを3部V.ケルンにレンタル

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・メンヒェングラードバッハはモリッツ・ニコラスを、3度目となるレンタルに出す決断をくだした。ただ今回はこれまでの2回よりも1つ、リーグの階級を落としてのことになるが、今回はきっと思惑通りに事が運んでくれることだろう。

 2023年までグラードバッハとの契約を残す23歳のゴールキーパーは、2021/22シーズンではブンデス3部ヴィクトリア・ケルンへ、1年間の武者修行の旅に再び出る。過去2シーズンでは当時2部ウニオン・ベルリン、そして昨季にも2部オスナブリュックにレンタル移籍していたが、思惑とは異なり共にわずか1試合の出場にとどまっていた。

 グラードバッハのエベールSDは「残念ながらモリッツはこの2年間、ほとんど試合に出場することができなかった」と述べ、「しかし彼は将来的にみてGKの重要な役割を担っており、そのため再びレンタルへ、今回はより多くの出場機会を見込めるヴィクトリア・ケルンにした」と説明している。

 確かにヴィクトリア・ケルンには、かつてブレーメン、フライブルク、フュルトなどでプレーした、セバスチャン・ミーリッツが先発GKとしてプレーしていたものの、週末のテストマッチにて大怪我を負った可能性が指摘されているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報