ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月21日

グラードバッハ、主将ラース・シュティンドルが膝を負傷

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・メンヒェングラードバッハは現在、アディ・ヒュッター新監督の下で今週金曜まで、東ヴェストファーレンのマリエンフェルトにて夏季合宿を実施。しかしながらそれまで、主将のラース・シュティンドルが再びトレーニングを行うことはない。

 火曜日から既に姿をみせていなかった32歳のMFは、膝の外側側副靭帯の損傷のために離脱を余儀なくされた。ただしクラブ側の発表によれば、決して離脱期間は長期的なものではなく、来週からチーム練習にも復帰する見込みとのこと。
 
 ただそれはつまり、今週土曜日に予定されている、FCメッツとのテストマッチには参加できないということだ。一方でユーロに参加していたシュテファン・ライナーが予定通り合流。水曜日からリラックスしたセッションを行い、再始動をみせている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報