ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月05日

ロビン・ハックに、グラードバッハとビーレフェルトが関心か

DSCアルミニア・ビーレフェルト
DSCアルミニア・ビーレフェルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツの大衆紙ビルトが報じた情報によれば、ブンデス2部1.FCニュルンベルクのロビン・ハックが、ブンデスリーガの2クラブから関心を寄せられているという。それは昨季に昇格組ながら1部残留を果たしたアルミニア・ビーレフェルトであり、もう1クラブはボルシア・メンヒェングラードバッハのようだ。

 なおニュルンベルク側は同選手の売却にあたり、移籍金として250万ユーロを希望しているようで、そのためすでにビーレフェルト側からの最初のオファーには、断りを入れているという。一方でグラードバッハとすでに交渉に入っているかなどは、特に伝えられてはいない。

 2012年から在籍したTSGホッフェンハイムにてプロへの階段を上り、2019年よりニュルンベルクにてプレーしている22歳のMFは、これまでブンデス1部通算3試合(1得点)、2部通算55試合(14得点)に出場。CL、ELそれぞれ1試合、ドイツ杯では3試合に出場した経験ももち、昨季は2部23試合に出場して、4得点、5アシスト、kicker採点平均3.42をマークしていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報