ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月18日

マーカス・テュラムに、インテルが関心か

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 イタリアのスカイや、ガゼッタ・デロ・スポルトなどが報じた情報によれば、ボルシア・メンヒェングラードバッハに所属するマーカス・テュラムに対して、この夏にロメル・ルカクが退団し、代わりにエディン・ジェコを獲得したイタリア王者、インテル・ミラノが関心を示しているという。

 かつてフランス代表DFとして名を馳せ、セリエAではパルマやユベントスにてプレーしていた、リリアン・テュラム氏を父にもつフランス代表は、その出生地がイタリアのパルマ。なおグラードバッハとの契約は2023年まで残されており、現在はまだ両クラブの間に接触はない模様。
 
 2019年にフランスからグラードバッハへと渡ってきた24歳のストライカーは、それ以来ここまでブンデス1部61試合(18得点)、CL8試合(2得点)、EL6試合(2得点)、ドイツ杯5試合(3得点)に出場。フランス代表としては4試合に出場した経験を持つ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報