ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年02月01日

デニス・ザカリア、グラードバッハからユベントスへ移籍

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りデニス・ザカリアは今冬にユベントス・トリノへと移籍することを決断、これによりボルシア・メンヒェングラードバッハは移籍金を手にすることが可能となった。月曜日に無事、メディカルチェックをクリアしたスイス代表MFには、移籍金として450万ユーロが3会計年度に分けて支払われることになり、さらに追加で410万ユーロをグラードバッハが手にする可能性があるという。

 その一方でユベントスではロドリゴ・ベンタンクールがトッテナムへと移籍。そこで手にした移籍金1900万ユーロ(+成果に応じて600万ユーロ)を利用し、ザカリアでの穴埋めをはかった格好だ。一方で今夏に契約を満了することになっていたグラードバッハのボンホフ副会長は「ここ数週間、ユベントスと密に交渉してきた」ことを明かし、「移籍したいと選手自身から伝えられ、最終的に我々としても財政面での条件が整ったことで合意した」と説明している。

 ザカリアは2017年よりグラードバッハに加入。これまで146試合に出場して11得点をマークしており、今季より就任したアディ・ヒュッター新監督の下でも重要な役割を担っていた。ただボランチ、そしてリベロとしてもプレー可能なダイナミズムと対人戦に長けたMFについては、グラードバッハは特にボランチを獲得することはなく、すでにウニオンからCBマルヴィン・フリードリヒを獲得しているところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報