ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年06月23日

ルシアン・ファヴレ監督、OGCニース復帰か

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2020年12月にボルシア・ドルトムントの指揮官を解任されて以来、ここまでフリーの状態が続いている、ルシアン・ファヴレ監督。64歳のスイス人指揮官についてはこれまでにも、幾度となく新天地候補が浮上しており、最近ではボルシア・メンヒェングラードバッハへの復帰も取り沙汰されていた。

 しかしながら最終的に同氏自身が就任を辞退、ダニエル・ファルケ監督招集へと至っているが、その一方でファヴレ監督に新天地の可能性が浮上。レ・キップ紙によると、再び古巣OGCニース(2016〜18)が有望視されており、特に同クラブではクリストフ・ガルティエ監督のパリSG移籍が濃厚とされているところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報