ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年07月02日

グラードバッハ、板倉滉の獲得に迫る

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・メンヒェングラードバッハが、板倉滉の獲得に迫っている。先日には若手MFフラウロをミッティランから獲得したのに続き、今回は日本代表ディフェンダーを移籍金500万ユーロで、マンチェスター・シティから迎え入れる見通しだ。特に同選手にはチームの最重要課題である守備面での貢献に期待。

 チームにはボランチタイプの選手が不足しており、昨季にはシャルケでCBとして素晴らしい活躍をみせているものの、新天地ではこちらでの起用ということになるだろう。なお昨季はブンデス2部で31試合に出場し、4得点をマークし昇格へ主力として貢献。

 そんなブンデス2部トップのセンターバックの1人となった板倉滉については、シャルケ側もまた残留に向けて力を尽くしてはいたものの、ただレンタル契約に含まれていた買取金額600万ユーロを支払うだけの余裕はなく、その結果グラードバッハを含む板倉獲得を目指すクラブに門戸を開く結果となった。

 その一方でマンチェスター・シティでは、昨日のシュテファン・オルテガ・モレノに続き、カルヴァン・フィリップスの獲得にも迫っているところ。本日中にも、メディカルチェックを受ける見通しであることを英国メディアは報じており、リーズ・ユナイテッドは23歳のイングランド代表によって移籍金4900万ユーロと、成果に応じたボーナスを手にする模様。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報