ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月26日

ハンブルクが昨季の決算を発表

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ハンブルガーSVは水曜、昨シーズンの決算報告を行なった。

クラブの発表によれば、当期純損失は1240万ユーロとなり、昨シーズンの20万ユーロよろも大幅なマイナスを計上。負債も7510万ユーロから1億550万ユーロにまで増加している。

その理由について、フランク・ヴェットスタインCFOは「2016年夏にチームの再編成を行なっており、そこで高額な投資を行なった。そのため人件費が増したんだ」と説明。さらに「コーチ陣や役員の入れ替えも、さらに人件費をプラスする結果になってしまった」と言葉を続けた。

なお自己資本は3580万ユーロから4240万ユーロへ増加し、自己資本率については24.7%は23.4%にまで微減。ただし金融負債は3310万ユーロから8810万ユーロとなっている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報