ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月29日

ブライテンライター監督への信頼を強調するフュルクルーク

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨夏に2部に降格したハノーファーへ、ブレーメンからハノーファー生まれということで特に注目され加入したニクラス・フュルクルーク。シュテンツェル前監督の下ではなかなか思うようにうことが運ばなかったものの、ブライテンライター監督が就任して以降は「主力選手の一人」となった。そんな24歳のFWが語る・・・


…ハノーファー生まれで昨夏に加入
ニクラス・フュルクルーク(FW):
とても注目を浴びることには問題はなかった。決してそれは悪いことだとは思わないから。むしろ興味をもってくれてうれしく思うよ。ただ残念ながらシュテンツェル前監督とはうまくいかなかったけどね。新監督がくるまでは、アピールするチャンスさえ与えてもらえなかったよ。

…ブライテンライター監督就任から状況が改善
フュルクルーク:
終盤でチームに貢献することができて嬉しく思っているよ。

…ブンデス1部での先発はブレーメン時代の2試合のみ
フュルクルーク:
ブンデスでやっていくために、監督からまだまだ手ほどきを受けないと。ここのところはロストしたり、テンポやドリブルといった部分でとても物足りないものをみせてしまった。またうまくきっかけをつかんでいかないと。

…ブライテンライター監督の存在
フュルクルーク:
彼は成長のために何が必要かを教えてくれる。もしも物足りないものがあれば、監督と話し合いを行なって、そのあたりでどう取り組んでいけるのかを聞くよ。でも監督自身が選手がもっと成長できるポイントをちゃんとチェックしてくれているけどね。

…ブンデス1部での戦いにむけて
フュルクルーク:
重要な年になる。ハノーファーの全ての人にとっても、僕自身にとってもね。ひさしぶりだし、ここの戻ってくるという目標を達成できてうれしい。ハノーファーでそれを達成できて感謝しているよ。

…ハノーファーはFWの補強を模索
フュルクルーク:
現実的になるならば、さらにもう一人のFWを獲得する必要があると思う。もしも二人が怪我をしてしまったら?または僕たちが3試合続けて得点できなかったら?そうなったら別のオプションをつかわないといけないものだよね。

…定位置争いに向けて
フュルクルーク:
僕は必要以上に遠慮するタイプではない。今は主力選手の一人だと思っているし、誰かが加入してもその座を守りたいと思う。ただチームの助けとなる選手が来るならね。僕もその選手とうまく一緒にプレーできるかもしれないし。僕自身としては臆することのないようにすること。監督の存在と自分がもっているポテンシャルを活かすことができれば、また別のパフォーマンスを発揮できると思う。ただ何よりも1部残留が最優先ではあるけれどもね。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報