ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月16日

ハノーファーのシュヴェグラー「アシストよりも勝ち点を」

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


確かに敗戦しても仕方がなかったかもしれない。だが不運な気持ちは拭い去ることはできない。それが土曜日にホームでフランクフルトを相手に敗戦を喫したハノーファーイレブンが抱いている気持ちだろう。ピルミン・シュヴェグラーは「勝ち点を取りたかった。でも2点目を奪いきれないというところもあったよね」と語った。

古巣フランクフルト戦を振り返り、「両クラブともに、特に良いパフォーマンスを見せていたというわけではなかった。たしかに僕たちは精力的には=プレーしていたけど詰めが甘く、数的有利を考えれば失点することは決して許されることではない」と苦言を呈している。「これまで見せていたような戦いができなかった。ただチームとして全力を出してはいたんだよ。こういう試合もあるということだね」

次節ではアウグスブルクとの一戦が控えているところだが、シュヴェグラーはすでに気持ちを切り替えており、「どのチームにだって勝利を収められるような考えはもつべきではない。確かにここ2試合は残念な結果が続いてはいるけど、でも僕たちはリーグ優勝争いを演じるようなクラブではないんだから。」とコメント。

その一方で30歳のベテランボランチは、ここ2試合でセットプレーから2アシストをマークしており「うちの大型選手は得点を決めるのにそこまで苦労しなくてすんでいるね。ずいぶん練習もしてきたし」と胸を張ったが、しかしそれでもアシストと勝ち点を両天秤にかけた場合には「当然、勝ち点の方が欲しい」と答えた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報