ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月25日

ブライテンライター監督「ヴォルフスブルクは5試合で経験を積んだ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末の試合では、後半で息を吹き返して、逆転で3連敗を阻止することに成功したハノーファー。これからドイツの国内カップ戦、DFBポカール2回戦が控えているところだが、プレスカンファレンスに出席したアンドレ・ブライテンライター監督はローテーションを行う考えを示唆した。

「何人かの選手に休養を与える可能性は確かにある。逆にいえば、チャンスを掴む選手がでてくるだろう。」つまりは途中出場から逆転弾を決めたフュルクルークをはじめ、ボランチのマヌエル・シュミーデバッハやオフェンスのフェリックス・クラウスらにもチャンスが巡ってくる可能性があるということだろう。

「どんな可能性だってあるさ。こうしてはいけないということはない。どんな可能性もある」と手の内を明かすことはなかった指揮官。しかしながら定位置争いで敗れたGKミヒャエル・エッサーについては、この試合で先発出場することが発表されている。「エッサーが守ることになる。練習で見せる姿は非の打ち所がないし、チャンスを得るにふさわしい。トップパフォーマンスをみせてくれることだろう」

そのいっぽうで、先日遊びに行った先のクラブで諍いを起こしたサリフ・サネについては、「クラブ内で対処する」とハノーファーサイドは明かしており、まだ守備の要がヴォルフスブルクとの一戦せ出場できるかどうかは不透明となったまま。

なおそのヴォルフスブルクについては、先日監督が交代して5戦連続ドローが続いているところだが「この5試合である程度は取り組めているだろうし、そこで息を合わせて生きているはずだ。新しいスタイルを植え付けるだけの時間はあったと見ているよ。」とブライテンライター監督は予想。

「個人のクオリティですぎれたクラブだ。それに資金力もハノーファーとは比較にならない。それはみんなもご存知のことだろう。我々としてはチームとして一体となり、そして自分たちのクオリティをはっきしていかなくてはならない」と警戒心を示した。

先発予想:エッサー – コルブ, アントン, S.サネ, オストルチョレク – シュヴェグラー, バカロルツ – ベブー, カラマン – フュルクルーク, ハルニク


  • ブンデスリーガ・各チーム情報