ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月21日

ハノーファー、バイエルンから若手GKヴァインカウフ獲得

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ハノーファー96は水曜、来季に向けてバイエルン・ミュンヘンから、レオ・ヴァインカウフを獲得することを発表した。オルデンブルク出身の若手GKは、今季はブンデス4部相当に所属するバイエルン・ミュンヘンIIにて20試合に出場しており、トップチームでは4試合でベンチ入り。しかしながらまだ、ブンデスリーガデビューは果たせないままでいる。

なお身長196cmの21才の獲得には移籍金は発生せず、ハノーファーでGKコーチを務めるヨルグ・シーヴァース氏は「レオは非常にうまく育成されてきた若手選手であり、大きなポテンシャルを有しているよ。これからともに彼の成長を見守っていけることを楽しみにしている」と評価。

ヴェルダー・ブレーメンにで育成されたヴァインカウフは、2015年にバイエルン・ミュンヘンへと移籍。そこの下部チームにて公式戦39試合に出場し、今夏からはハノーファーにてトップチームへと階段を上がって行くことになる。

「もちろんとても嬉しいよ!」と喜びをみせた同選手は、今回の移籍について「首脳陣との話し合いのなかで、ここにはいい将来性を見いだせると感じたんだ。次のステップへと踏み出せるとね」とコメント。ハノーファーとは2021年までの契約で合意している。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報