ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月30日

ハノーファー、FWジョナタスが「個人的な事情」で母国コリンチャンスへ移籍

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ハノーファーはジョナタスが、母国ブラジルのコリンチャンスへと、期限付きで移籍することを金曜夕方に発表した。今回の契約には、コリンチャンス側に買い取りオプションが付随している。

昨夏にロシアのルビン・カザンからハノーファーへと移籍した29才のFWは、クラブ最高額の移籍金額で迎え入れたものの、リーグ戦わずか12試合の出場、3得点3アシストの成績にとどまった。

そして今回、同選手は「個人的な事情」により、母国ブラジルへと戻ることを決断。コリンチャンスへまずは、期限付きで加入することになり、契約には買い取りオプションもつけられている。

マネージャーを務めるホルスト・ヘルト氏は、今回の決断について「残念だよ、ジョニーがチームを後にしてしまうというのは。ただ彼の希望を尊重する」と述べ、「11月に負傷により長期離脱を強いられるまでは、彼は我々の期待を上回る活躍をみせてくれていたのだが」と言葉を続けた。

一方のジョナタスは「この1年間支えてくれたハノーファーのファンに、心から感謝の気持ちを伝えたい。たくさんのいい思い出があるよ。でも何よりも大切な存在である家族のなかで、ここ数ヶ月はいろんなことがあって、だからその近くで寄り添ってあげたいと思ったんだ。わがままを聞き入れてくれた、クラブ首脳陣にとても感謝している」と述べている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報