ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年09月01日

ハノーファー、ババカル・グェイェが2部パダーボルンへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏の移籍市場最終日となった金曜日には、ウッフェ・ベックが母国デンマークのブレンビーIFへレンタル、そして3部カールスルーエよりフローレント・ムスリジャを獲得するなど、ドルトムントとのホーム戦が行われる中で精力的な動きを見せているハノーファー96。

 さらにその日の夕方にはもう一つの移籍が成立したことが発表されている。ババカル・グェイェが2部パダーボルンへと加入。2020年までの契約を結んでいる。

 23才のセンターフォワードについて、パダーボルンでマネージャーを務めるマルクス・クレーシェ氏は「いいテクニックとアスレティシズムをもった選手だよ。フィジカル面での存在感はチームのプラス材料となることだろう」と期待を寄せた。

  セネガル出身の同選手は2014年にフランスのトロワへと渡り、2016年からハノーファーへと加入。昨冬にはズルテ・ワレヘムへ半年、昨夏からはシント=トロイデンへと1年間にわたってレンタル移籍している。

ベーレは英国3部にレンタル

 またその後にはハノーファーは、マイク=ステフェン・ベーレが、今季いっぱいまでのレンタルにて、英国3部のバーンズリーFCに移籍することを発表した。ただし契約には買い取りオプションが付随。レンタル移籍成立前には、ハノーファーとの契約は2020年まで延長されている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報