ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月26日

ブライテンライター監督「毎試合パフォーマンスを発揮し、勝ち点獲得を」」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 前節のバイヤー・レヴァークーゼン戦では、後半の大半で数的不利に陥りながらも、ロスタイムまでリード。しかし終了間際にベララビに同点とされ痛み分けに終わっており、「失望しているし、苛立ちを感じた」とマネージャーのホルスト・ヘルト氏。「しかし日曜日にはそれについて取り組んでいるし、おそくとも火曜日にはもう頭から離れているよ」と言葉を続けた。

 一方のアンドレ・ブライテンライター監督は「強豪クラブを相手に、我々は良いプレーをたくさんみせていた。」と評価し、「今はまた自信と意欲的をもって、良いトレーニングを行なっていくということ。次の相手に良い戦いをして、できれば勝利を収めていくためにね」とコメント。「毎試合でパフォーマンスを発揮していかなくてはならないし、毎週勝ち点を確保していきたい」と意気込みを示している。

 なおこの試合では、脹脛に問題を抱えるリントン・マイナと、前述の退場となったフェリペが欠場。代役はケヴィン・ヴィマーが見込まれており、胃腸炎を患っていたマルヴィン・バカロルツについては、出場が疑問視されているところだ。また臀部に打撲を受けていたイフラス・ベブーはチーム練習に復帰。さらにピルミン・シュヴェグラーも足の痛みから解放されており「良い感じだよ」とブライテンライター監督は語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報