ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月04日

未勝利最下位のハノーファー、フュルクルークが引き続き欠場の危機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデスリーガにおいて唯一の未勝利クラブとして、遂に最下位にまで転落したハノーファー96。週末に行われるシュトゥットガルト戦では、事態の打開をはかるためにも今季初勝利を是が非でも奪い取りたいところだ。

 そんな中、これまで負傷を抱えていたイフラス・ベブー(臀部)、そしてウォレスとオリヴァー・ゾルク(共に足)が練習へと復帰。さらに下肢の筋肉に問題を抱えていたノア=ジョエル・サレンレン=バゼーの姿も。

 一方でふくらはぎに問題を抱えている若手ウィンガーのリントン・マイナは引き続き戦線から離脱、さらに昨季のチームの得点王ニクラス・フュルクルークの出場も危ぶまれているところだ。

 前節のフランクフルト戦で相手DFルスとの対人戦で足首を捻挫した同選手は、まだリハビリコーチと共にランニングメニューのみを実施しているところであり、出場については「まだ未定」であり、木曜日に「再びチーム練習に参加する予定」であることがクラブ側より発表されている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報