ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月06日

ハノーファーのヘルト氏「26年間、常に重圧を感じてる」

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ハノーファーでマネージャーを務めるホルスト・ヘルト氏へ、4週間前に「プレッシャー」について訪ねた際には、「毎朝感じるさ、トイレに行くときにね」と明るい表情を見せていたが、しかし今は10試合で勝ち点6、降格圏内にまで転落する散々な状況へと陥ってしまった。

 「プレッシャーは当然ある。」そう語った同氏だが、「ただサッカーの世界ではプレッシャーにさらされないことなどない」とも付け加えており、「プレッシャーが辛いなんて言うなら笑われるよ。この世界に26年いるが、プレッシャーのなかで選手、そしてマネージャーを務めてきた」と語っている。

 ただここまで選手たちは、その期待に応える活躍はみせられておらず、「このような結果は思っていなかったが、しかしパフォーマンスを発揮できるよう取り組んでいる。それがタスクだよ。チームを立て直し、力を出せるようにしなくては。それが責務なんだ」とコメント。

 「危機的に状況ではクラブ全体が一致団結して取り組まなくてはならないもの。打開するために多くの変化を起こしていきたいし、皆が意欲的だ。だから目標を達成できると思っている。ただ最終的にはピッチでのパフォーマンスが全てだがね」

 なお今冬の補強については、特に明言を避けたが、それはこの後の残り7試合の結果次第という部分もあることだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報