ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月29日

古巣ヘルタと初めて対戦する、原口元気

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末にはヘルタ・ベルリンとのリーグ戦が控えている、ハノーファー96。この試合に向け、特別な面持ちで臨む一人の選手がいる。2014年から2018年まで在籍し、そして今回はじめて相手選手として対戦する、日本代表MF原口元気だ。

 クラブ公式ページにて、同選手は「ベルリンではいい時間を過ごさせてもらいました」とコメント。「ヨーロッパに来て、最初のクラブでしたし、そこで選手たちのみんなが僕の助けになってくれました。再会が楽しみですね」と言葉を続けた。

 在籍期間では公式戦106試合に出場した同選手。ちょうど1年前には出場機会を求め、当時2部デュッセルドルフへのレンタル移籍を経験しているが、いまも在籍選手たちとのコンタクトはあり、特にGKルネ・ヤースタインと「よくメッセージを送りあってます」とのこと。そしてノルウェー代表GKとのコミュニケーションでは、「英語とドイツ語を織り交ぜている」ことも笑顔をみせながら明かしている。

 しかしそんなヤースタインがゴール前に立ちはだかる、古巣との一戦でも「今はハノーファーの選手ですし、土曜日は是が非でも勝利をおさめたいです」と原口。現在は入れ替え戦となる16位につけ、最下位シュトゥットガルトとの勝ち点差はわずか1という状況にあり、「勝利のため、僕たちは全力を尽くします」と意気込みをみせた。

 ここのところは2試合続けてベンチスタートとなっている原口だが、その代わりに先発出場していたサレンレン・バゼーが脳しんとうをかかえており、古巣戦で原口が久々に先発出場を果たす可能性は十分にある。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報