ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月06日

ハノーファー、ヴィマー買取りの判断へ既にカウントダウン?

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2022年まで契約を残すストーク・シティから、今夏にハノーファー96へとレンタルで加入したケヴィン・ヴィマー。1.FCケルンでもプレーしていた同選手にとってはブンデスリーガ復帰でもあったのだが、しかしながらここまではチームにとっても自身にとっても、その期待に応えるパフォーマンスをみせることはできていない。

 「全力を尽くして、そして自分の力を実証したい。多くの試合に出場したいし、ベストを尽くしたい。それでチームも成功していけることだろう」だがわずかリーグ戦5試合で先発の座を失い、kicker採点平均3.93と低調なパフォーマンスを露呈。チームも自動降格圏内となる17位にまで低下した。

 「僕はここである程度の試合に出場して、そしてストーク・シティに戻らないようにしたい」と入団時には意気込みを見せていた同選手。ハノーファーには150万ユーロのレンタル料の他に、1200万ユーロでの買取オプションも付随しており、地元紙ノイエ・プレッセが報じたところによれば公式戦24試合の出場で行使の義務もあるようだ。つまりは残り公式戦12試合のうちに、ハノーファーは1200万ユーロを投じるかどうかの判断を下さなくてはならないという意味にもなる。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報