ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月07日

最終決戦前にハノーファー、CBは4ヶ月半欠場のエレスのみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 恐れていたことが現実となってしまった。ハノーファー96のフェリペが、週末のバイエルン戦にて中根骨を骨折していたことが判明。これにより残りシーズン2試合で欠場を余儀なくされることとなった。

 トーマス・ドル監督は「彼にとっても、我々にとっても悪い知らせとなってしまった」とコメント。「フェリペはここ数週間は、沈着冷静なプレーでチームに安定感をもたらす存在となっていたんだ」と、31才のベテランCBの離脱を惜しんだ。

 なお次節では、同じくセンターバックのケヴィン・ヴィマーも、累積警告のために出場停止。今冬にはホッフェンハイムからレンタルしたケヴィン・アクポグマが、肩の負傷のために長期離脱。ティモ・ヒューバースは前十字靭帯断裂からまだ復帰しきれずにいる。そのためオプションとしては、前半戦でのバイエルン戦(0−4)以来欠場が続く、ヨシプ・エレスただ一人がセンターバックを本職とする選手となってしまった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報