ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月21日

ハノーファー、後任監督候補にエル・マエストロ氏

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来季よりブンデスリーガ2部へと転落することが確定した、ハノーファー96。今季終盤より就任したトーマス・ドル氏は、最終戦後「特に何も語ることはない」と述べ、「話し合いを近く行うことになる」と述べたが、しかしながら流れは退団の方向にあるといえるだろう。

 後任候補としては、今冬にも名前があがっていた二人のユースの監督、U23のクリストフ・ダブロウスキ氏と、U19のシュテファン・シュミット氏、さらにはここにきてネストル・エル・マエストロ氏の名前もあがっているところだ。

 ハノーファーが飛躍をみせていた2010〜2013年まで、ミルコ・スロムカ氏のアシスタントを務めていた36才は、その後にハンブルクへと共にした後、オーストリア1部オーストリア・ウィーンにてTDを務め、2017年には初めてトップチームの監督へと就任。そのスロバキアのスパルタク・トルナヴァではリーグ優勝を果たし、今季は2月までブルガリア1部CSKAソフィアにて監督を務めていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報