ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月24日

ニュルンベルク、同じ降格組のハノーファーからゾルク獲得

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来季は再び2部に降格する1.FCニュルンベルクは、同じく2部へと降格するハノーファー96より、オリヴァー・ゾルクを獲得したことを発表した。28才の守備のスペシャリストは、ブンデス166試合に出場した経験を持ち合わせており、今回の契約期間は2022年まで。契約満了に伴い、移籍金は発生しない。

 2014年のW杯に向けた前哨戦、ポーランド代表とのテストマッチで、ドイツ代表としてデビューをはたした同選手は、2017年にはハノーファーと共にブンデス2部から1部へと復帰。その再現を、今度はニュルベルクの地で目指すことになる。

 マネージャーを務めるロベルト・パリクカ氏は「経験が非常に豊富で、守備の安定化をはかるうえで大きな助けとなることだろう。フレキシブルで戦術理解度に長けている」と評価。

 一方のゾルクは「首脳陣との話し合いの中で、すぐに一緒に成功の道をあゆんでいけると確信をもてたんだ。それに故郷に近くなるというのもプラス材料だね」と、移籍を決断した理由について説明している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報