ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月27日

新戦力のハンセンが離脱したハノーファー、37才ラタイチャク獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部ハノーファーは、今冬加入の新戦力、マルティン・ハンセンが負傷したことを受け、即座に穴埋めとしてSCパダーボルンから、ミヒャエル・ラタイチャクを獲得することを発表した。「経験豊富なGKでカバーできたことを嬉しく思うよ」と、ハノーファーのゲルハルト・ツーバー代表はコメント。契約期間は2021年までで、背番号は23。

 ハノーファーではミヒャエル・エッサーがホッフェンハイムへ移籍したのに伴い、穴埋めとしてハンセンを獲得したばかりだったが、しかしながら靭帯結合部の負傷に伴いしばらくの間離脱。ラタイチャクはさっそく、火曜日に行われるリーグ戦ヤーン・レーゲンスブルクからオプションとなる。なお守護神として、元ドイツ代表ロン=ロバート・ツィーラーが君臨しているところだ。

 37才のラタイチャクは、これまでブンデス2部114試合、ししてブンデス3部75試合に出場した経験を有している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報