ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年03月13日

原口所属のハノーファー、コロナ感染2選手目で全選手自宅待機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部ハノーファー96は木曜午後、クラブ内にて二人目となる、新型コロナウィルスに感染した選手が明らかとなったことを発表した。水曜日にティモ・ヒューバースが感染したことが明らかとなり、その後に全選手、コーチらも共に検査を受けたことを発表していたが、その結果、ヤネス・ホルンにも陽性反応がみられたという。

 なおそのほかの選手達は全て陰性であり、感染した2選手ともに特に症状はみられていないとのこと。ただ保健局により念のため、全選手ともに2週間は自宅へと待機することになった。さらにクラブ側はそのため、これから2試合を中断することも発表している。

 競技部門ゲルハルト・ツーバー代表は「当然ながら、選手達と直接の接触はできないが、しかし別の手法をとりできうる限りのケアとサポートをしていきたい。」と語った。
 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報