ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月28日

ハノーファー、イビセヴィッチやエキチ獲得を検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズンこそはブンデスリーガへの復帰を目指しシーズンを迎えたブンデス2部、ハノーファー96だったがとりわけ敵地で苦戦を強いられ、ここまでリーグ戦13試合を消化して勝ち点17。順位表では12位と低迷しているところだ。

 とりわけ僅か15得点に終わった攻撃陣のテコ入れに向けて、今冬の移籍市場を前に、先日シャルケとの契約を早期解消したFWヴェダド・イビセヴィッチの名前が浮上。さらに昨季後半戦ではレンタルにて加入していた、ヨン・グイデッティの復帰の可能性も指摘されている。

 さらにかつてヴェルダー・ブレーメンでプレーした経験をもつ、メメト・エキチが練習生として参加。こちらもイビセヴィッチと同様に、フェネルバフチェとの契約が切れていることから移籍金は発生しないが、ただ大衆紙ビルトによればコチャク監督は獲得を希望するものの、首脳陣は納得できていない模様。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報