ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月31日

ハノーファーとの延長を望むヒューバース

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 十字靭帯断裂という大怪我、さらにはブンデスリーガーとしての最初のコロナ感染選手にもなってしまうも、いまやピッチ上では安定した対人戦と空中戦を展開し、出身地ヒルデスハイムに程近い地元クラブのディフェンス陣を牽引する24才、ティモ・ヒューバース。

 そんなブンデス2部ハノーファーとの契約は残すところあと半年に迫っているところであり、この地で選手として飛躍を遂げてきた同選手としては、ブンデスリーガでプレーするという個人的な目標と合致さえするならば、このまま長く留まりたいと思っているところだ。

 「それならば、ここにとどまることへの障害なんてないさ」そう語るヒューバースではあるが、一方でハノーファーではとりわけ今シーズン、アウェイ戦での苦戦が続いているところであり、第14節を経過して1部昇格圏内となる3位まで勝ち点差7、12位に沈んでいる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報