ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月16日

ハノーファー、エースのドゥクシュが負傷離脱へ

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 原口元気、室屋成が所属するブンデス2部ハノーファー96は、マルヴィン・ドゥクシュが筋損傷を抱えたことにより「これからしばらくの間」離脱を余儀なくされることを明らかにした。

 ドゥクシュは先日行われたSCパダーボルン戦の後半55分に、キングスレイ・シンドラーと交代しており、この時にケナン・コチャク監督は「念のための措置だった」と説明。「今週、彼は既に大腿に問題を抱えていたんだ。ただまだ問題が見受けられたために交代した。そこまで酷くないと希望している」

 しかしながらその後に受けた精密検査の結果、ドゥクシュは右大腿裏の筋肉に筋損傷を抱えていることが判明。そのためここまでチーム最多となる10得点、さらには7アシストをマークしている26才は、「これからしばらくの間」離脱へと入ることがクラブ側より発表された。

 なお最近3試合では無敗が続くハノーファーは、今週日曜日にアペルカンプ真大が所属する、フォルトゥナ・デュッセルドルフと、日本時間21時30分より対戦する。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報