ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月13日

ハノーファー、フュルトからエルンスト獲得

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 原口元気、室屋成が所属するブンデス2部、ハノーファー96は来季に向けた、最初の新戦力を発表した。グロイター・フュルトからセバスチャン・エルンストを獲得。ハノーファーのユースにて育成された同選手は、今夏にフリートランスファーで迎え入れることになり、そこで2024年6月末日までの契約を締結した。
 
 ハノーファーのツーバーSDは「ハノーファーと心を1つにする選手として、セバスチャン・エルンストを迎えれいることができて非常に嬉しく思う」と喜びのコメント、「これまでに非常に順調な成長を続け、その才能と力を証明してきた。大いに期待しているよ。来季の重要な要素の1つを担ってもらうことになる」と言葉を続けている。

 ハノーファー、マグデブルク、ヴュルツブルクを経て、2017年にフュルトに加入した26才の攻撃的MFは、それ以降106試合に出場して16得点をマーク。そして今季は23試合に出場して21試合で先発出場、11得点6アシストの活躍をみせているところだ。「ホームへの帰還が楽しみだ」というエルンストは、「ハノーファーだから決断したこと。フュルトに何かあったわけではないし、もちろん最後まで全力を尽くし続けるよ」と説明した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報