ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月29日

ハノーファー、マイナが今節復帰?フランツはまだ我慢が必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 原口元気、室屋成が所属するブンデス2部、ハノーファー96では今週末にハンブルガーSVとの一戦を迎えることになるのだが、そこではどうやらリントン・マイナが復帰を果たすことができそうだ。

 21才のウィンガーは今シーズンは一貫して苦しいシーズンを余儀なくされているところであり、ここまでわずか8試合のみ、いずれも短時間による出場のみに止まっているところ。とりわけ12月中旬以降は欠場が続いているところであり、昨年末には半月板の手術を受けていた。

 だが先日に行われた紅白戦にて70分間に渡るプレーに体が持ち堪えており、「彼の状態には非常に満足しているよ。これは重要なステップだった」と、ケナン・コチャク監督はコメント。そのため週末に控えるハンブルガーSV戦での復帰が見込まれている。「ただ決して無理はさせないがね」

 その一方でマイク・フランツについては、まだ復帰までしばらく時間を要することになる。確かに紅白戦ではフル出場していたベテランMFではあるのだが、「彼の場合、しっかりと体づくりをうまく行っていくことが大切になる」と強調。昨年10月に大腿筋を部分断裂しており、3月はじめに短時間のカムバックを果たしたものの、まだ我慢が求められる状況。

 さらにティモ・ヒューバースに関しても、当初はこのハンブルク戦からの復帰への期待感ももたれていたものの、大腿に受けた重傷の影響のため「彼が不在となっていることは残念だ。だがまだ時間はかかる」と指揮官。ちなみにヒューバースに対してはシャルケからの関心が寄せられており、契約は今季いっぱいで満了となっているところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報