ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月10日

ハノーファー、残り試合はGKを入れ替え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 原口元気、室屋成が所属するブンデス2部ハノーファー96では、残りの試合でゴールキーパーの入れ替えを行う。これは月曜夜に控えるキール戦を前に行われた会見で明かされたものであり、マルティン・ハンセンがプレーするとのこと。

 2020年冬にノルウェー1部ストレームスゴトセトIFから加入するも、負傷などんよりここまで1試合のみの出場にとどまっていたが、コチャク監督によれば「彼はここ数ヶ月、非常に良い姿勢で取り組んでいる」とコメント。

 そのため契約は昨年10月に2023年まで延長されており、キール戦にて今季初出場。残り試合でプレーすることになり、またもう1人のGKマーロン・ズンダーマンも、「どんな形であれ」プロデビューする見込み。

 その一方でこれまで出場してきたミヒャエル・エッサーはベンチへ。またバリス・バスダスが大腿の問題で欠場。ニクラス・フルトとドミニク・カイザーも負傷を抱えており、コチャク監督は決してリスクをおかさない考えを強調している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報