ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月25日

原口元気、ウニオンとの交渉に進展

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 kickerが得た情報によれば1.FCウニオン・ベルリンでは、ブンデス2部ハノーファー96の原口元気の獲得へと関心を抱いており、そして当初ドイツの大衆紙ビルトが報じたように、移籍交渉には進展が見られているようだ。今夏で契約満了となることから、移籍金の支払義務は発生しない。

 2018年にヘルタ・ベルリンから加入し、今季は得点(9)、アシスト(7)共にチーム2位だった同選手は、最終節で「家族のように感じていた」ハノーファーとの別れの辛さを明かしつつ、「僕はもう1度、ブンデスリーガでプレーする。それがハノーファーから離れる理由です」と説明していた。

 なおウニオンでは先日、遠藤渓太のレンタル契約に付随していた買取オプションの行使が発表されており、仮に加入となればヘルタ時代の細貝・原口に続く、遠藤・原口によるドイツ首都での日本人コンビ誕生ということになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報