ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月28日

エレス、ハノーファーから故郷のハイドゥク・スプリトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 すでにブンデス2部ハノーファー96からの退団が明らかとなっていたヨシプ・エレスだが、金曜日には新天地が明らかとなった。母国クロアチアのハイドゥク・スプリトと、2025年までの契約を締結。特にエレスにとってスプリトは生まれ故郷であり、そしてプロとしてのキャリアをスタートさせた、強い思い入れのある古巣クラブだ。

 2018年1月にクロアチア1部HNKリエカから加入した同選手は、それ以降ブンデス1部2部62試合に出場。先日は退団にあたり「この3年半は、決して容易な時間ではなかった」と、エレスはクラブ公式サイトにて振り返っており、何よりチームメイトたちとの別れを惜しんでいた。

ヴァルブレヒトが復帰

 ティム・ヴァルブレヒトの3部ヴェーエン・ヴィースバーデンへのレンタルは、今季いっぱいで終了を迎える。19歳のMFは、負傷による不運に見舞われてバックアップにとどまっていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報