ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月30日

室屋成所属のハノーファー、ツィマーマン監督を解任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 室屋成が所属するブンデス2部ハノーファー96は、ヤン・ツィマーマン監督の解任を決断した。月曜午後にクラブ公式では、「満足のいかないサッカー面における状況を分析した結果、監督の解任へと至りました」とツイート。
さらにマーカス・マンSDは「決して感情に流されることなく、あらゆる印象を客観的に考慮した上で決断をくださなくてはならない。そこまできています」と述べ、「彼との仕事は楽しいものであり、良い関係性を築けていたのは周知の通りだ。こういった決断を取らざるを得ないことを残念に思う」と言葉を続けている。

 確かにドイツ杯では16強進出を果たした一方で、悲願の1部復帰を目指す肝心のリーグ戦では、9月18日以来これまで未勝利が続いており、その再浮上を託される後継者についてはまだ発表されていない。今のところは候補者として、ダニエル・ティウネ監督やウーヴェ・ノイハウス監督らの名前が浮上。特にノイハウス監督は2018/19シーズンに、ビーレフェルトを1部昇格へと導いた経験をもつ。ちなみにティウネ監督についてはまだ、ハンブルガーSVとの契約を残している状況にあるのだが、奇しくも次節のハノーファーの相手は、そのハンブルガーSVだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報