ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月07日

シェルブレッド復調、ヴァイザーとブルックスには期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


火曜日に行われた練習では予定通り、大腿筋に筋損傷を抱えていたペア・シェルブレッドがチーム練習復帰を果たした。その一方でニクラス・シュタークとミッチェル・ヴァイザー、そしてアンソニー・ブルックスは火曜日の練習参加を見合わせており、週末のブレーメン戦での出場が危惧されている。

アキレス腱に問題をかかえるブルックスとヴァイザーについては、週末の出場に向けて大きな期待が持たれており、「両選手ともに水曜日にはチーム練習に復帰する」との見通しをダルダイ監督が明かしている。「筋肉に特に問題がなければ、ミッチがメンバー入りする可能性は高いよ」

ヴァイザーは大腿筋の負傷のために最近3試合を欠場、先週は復帰を目指したものの思うようにことが運ばず復帰が見送られた

一方のシュタークは大腿筋に過度伸展が見られており、復帰時期についてはまだ未定のままとなっている。「リスクをおかすつもりはないし、徐々に用心しながら目指していくよ」

もしもシュタークが欠場となれば、復調を果たしたシェルブレッドが代役を務めることになるだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報