ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月15日

ダルダイ監督「6割支配できるわけではない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1481749574
前節に負傷から復帰を果たしていたミッチェル・ヴァイザーとペア・シェルブレッド。しかし再び軽い問題を抱えて別メニューをこなしていたのだが、しかし水曜から再びフルメニューをこなした。

さらにこの日の練習では、筋肉の問題を抱えていたイェンス・ヘゲラーも参加。今季はここまで役割を得られず、kickerが得た情報によれば新天地を模索している模様だが、しかしCBに負傷者が続出していることで、本職はMFながらCBとしてベンチ入りする可能性がある。

なお今節は昇格組ライプツィヒが相手だが、ダルダイ監督は「支配率6割を越えるような試合にはならない。勝ち点を奪いに行く試合になるよ。別の戦いをしていかなくては」とコメント。

前節のブレーメン戦では制裁を欠いてホームでの連勝をストップする結果となったが、「これまで我々は悪いパフォーマンスを見せたあとで、うまくたてなおしてきた。それがライプツィヒ戦でもできるように期待しているよ」と意気込みをみせた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報