ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月03日

ヴァイザーとシュトッカーが今節から復帰へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブンデスリーガも残すところあと3試合。欧州の舞台を狙うヘルタ・ベルリンにとって、これから重要なシーズンの架橋を迎えることになるが、今節からは主力選手二人が再びオプションとなることができそうだ。

ダルダイ監督は「二人とも30分か45分はいけるだろう」とコメント。そのうちの一人、ヴァレンティン・シュトッカーについては「そんなにコンディションは落ちてはいないし、彼は得点力のある選手だから、チームに好影響をもたらしてくれることだろう」と期待感を示した。

その一方で、今季は背中の神経炎や筋損傷などに悩まされ続けているミッチェル・ヴァイザーについては「起用となるとリスクが伴うのは確かさ。しかし休養は十分とみている」と説明。

トレーニングでは「楽しんでプレーしている」ものの、「まだそこまで激しく対人戦を行っているということもないし、明日からはもっとどうなっていくのかみてみることになるよ」との考えをのべている。

なお前節のブレーメン戦にて、大腿筋に打撲を受け交代していたペーター・ペカリクについては、この日はランニングメニューをこなしていたものの、ダルダイ監督は週末の出場にむけて「いい感じにみえるね」と語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報