ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月06日

ヘルタ、2位との上位対決を前に主力3選手が復帰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブンデスリーガ今シーズン最後のナイターでの試合に臨むヘルタ・ベルリン。相手は今季昇格組ながら2位とサプライズを演じるライプツィヒだ。欧州への夢をつなぎとめるためにも、得意のホーム戦で勝利を収めたいところだが、ここにきて嬉しい報せが届いた。

先日ペーター・ペカリクがライプツィヒ戦までに間に合うことが伝えられたばかりだが、さらに臀部に筋損傷を抱えていた守備の要アンソニー・ブルックスも復調。ダルダイ監督は、週末の出場にむけて「様子見だ」と厳しい表情をみせていたのだが、しかし今回のメンバーに米国代表の名前は含まれている。

これによりライプツィヒ戦ではラングカンプとともにブルックスがCBコンビを形成。若手トルナリガをバックアップとして控えさせることができるだろう。さらに同じく筋損傷を抱えていたヴァレンティン・シュトッカーも復調。ダルダイ監督は先日、同選手の「得点力」への期待感を示した。

そして筋損傷から復帰を果たす3人目の選手が、ミッチェル・ヴァイザーである。第25節以来となるベンバー復帰を果たした同選手に対しては、ダルダイ監督が練習に取り組む姿に好印象を抱いてはいるものの、しかしクラブ公式ページではヴァイザーは「まだ不足しているところはある」とコメント。「またチームメイトらと取り組めることは楽しいけど、でも長く個人練習をしてきたことでリズムが不足しているところがあるんだ。だから出場時間の1分1分がいい影響をもたらしてくれると思う」との見方を示している。

先発予想:ベルリンvsライプツィヒ

ベルリン(5位):ヤースタイン – ペカリク, S. ラングカンプ, ブルックス, ミッテルシュテート – ダリダ, シェルブレッド – エスヴァイン, シュトッカー, カルー – イビセヴィッチ

ライプツィヒ(2位):グラーチ – ベルナルド, オルバン, コンパー, ハルステンベルク – イルザンカー, デメ – ケイタ, フォルスベリ – サビッツァ, Y. ポウルセン


  • ブンデスリーガ・各チーム情報