ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月10日

イビセヴィッチとプラッテンハルト、シュタークも週末はオプションに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



火曜日に行われたトレーニングでは、チームの得点王ヴェダド・イビセヴィッチの姿が見受けられなかった。同選手は筋肉系に問題を抱えていたとこのことで、ダルダイ監督によれば「本人はとても練習したがっていた」とのことだが、あえて休養を与えたことを明かしている。「シーズンの終盤では、練習量の差が出場時間に影響するわけではないと伝えたよ」

そのためイビセヴィッチは、負傷から復帰するマルヴィン・プラッテンハルトとともに、再び週末のダルムシュタット戦でもオプションとなりそうだ。

ベルリンでは同選手の不在をミッテルシュテート、そしてトルナリガといった若手選手でまかなってきたものの、しかし守備の安定のみならず、セットプレーでの精度においても同選手の不在の穴が見て取れており、ダルダイ監督も「セットプレーで得点したくとも、ボールがそこに来なくてはなかなか難しいものさ」と嘆いた。

なお今節ではヘルタ・ベルリンはブルックスとラングカンプの両CBを出場停止で、さらにルステンベルガーを負傷のために欠く苦しい状況にあろ、足の負傷からの復帰をめざすニクラス・シュタークの回復にかかる期待は大きい。ただしこのことについてダルダイ監督は「土曜日まではギリギリだね」との見方を示している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報