ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月31日

ダルダイ監督「さらに自信を増していきたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ここのところなかなか勝ちきれずに、危機的状況との声もあがりつつあったヘルタ・ベルリン。しかし週末のリーグ戦で勝利をおさめたことにより、パル・ダルダイ監督はこれから欧州の舞台でさらに自信を得ていきたいと考えているところだ。

パル・ダルダイ(監督:ベルリン)
…ハンブルク戦を振り返って「ハンブルクを相手にいい仕事をしてくれたね。いまはこれを継続していくということだ。」

…負傷離脱が続くダリダについて「ダリダについてはまだ時間がかかりそうだよ。予想を口にするのは難しい」

…筋肉系に問題を抱えるレッキーについて「レッキーについては特別に早く回復するようなことがなければ、代表選期間後に復帰することになるだろう。それでうれしいよ」

…今回は代表招集を受けている「それについてはなんともいえない。プレーの有無にかかわらず怪我なくもどってきてほしい」

…負傷明けの新戦力、ゼルケについて「彼は戦っているし、いい性格の持ち主でもある。ただまだ学んだことを実践するにはある程度の時間は必要だ。精力的にプレーしているし、守備もしっかりとこなしている。練習では得点を決めているし、ハノーファー戦でもおしいところはあった。12月までは準備不足で苦しむかもしれないが、しかし時間の問題だと考えている」

…ポカールでは苦しい状況「ただ欧州での勝利というだけでなく、そもそも自信を蓄積していくためにも、ここで勝利することはとても重要なことだよ。ただ残り3試合で3勝することは計算はできないさ。ビルバオのバルセロナ戦をみただろう」

…選手起用について「ローテーションを行う。ただ勝利を信じている。そういう感覚を覚えている。リーグ戦でも勝利したし、より自信が増しているしね」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報