ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年09月15日

ダヴィー・ゼルケ「ユーロ2020参加は自然と目標になる」

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今夏の準備期間中に気胸を抱え、ここまで欠場が続いているヘルタ・ベルリンのダヴィー・ゼルケ。だがすでにテストマッチで出場するなど、順調な回復をみせている同選手は、さらにドイツ代表入りを視野に入れていることも明かした。

リーグ戦27試合に出場して、10得点、5アシストをマーク。これが昨季にヘルタ・ベルリンへ加入した、1年目に残した23才の長身FWの成績だ。そして今シーズンは、さらにこの得点を上乗せしていきたいと考えている。「11得点は、最低でも決めたいところだね」と、kickerに対してゼルケはコメント。

ヴェルダー・ブレーメンで育成され、これまでドイツの世代別代表としてプレーしてきたゼルケは、2014年にU19、2017年にはU21で欧州選手権に出場。さらに2016年にはリオ五輪にも参加しており、銀メダル獲得にも貢献してきた。次の目標はA代表入りということに?

「まずは今シーズンのスタートを切りたいところさ。そして、長期間に渡ってパフォーマンスを発揮していきたい」とゼルケ。だが遠慮するような姿勢はみせることなく「縮こまる必要はないと思うね。昨シーズンは良いものだったし、それをまだみせていきたい。うまくいけば、自然とユーロ2020参加が目標ということになるさ」と言葉を続けた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報