ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月06日

ヘルタ、ドイツU21代表トルナリガが下部チームで復帰

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜日に行われたブンデス4部相当、レギオナル・リーガ北東地区に属するヘルタ・ベルリンU23では、ドイツU21代表ジョーダン・トルナリガが実戦復帰を果たした。

 同選手は週末に行われたヴォルフスブルク戦にて先発出場するも、後半74分に負傷により交代を余儀なくされていた。そしてその後に受けた精密検査の結果、アキレス腱を損傷していることが判明。

 確かにここまで「非常にいい状態にあった」ことから離脱を惜しんだ指揮官だが、ただそもそも代表戦期間中に参加していたドイツU21にて負傷を抱えており、そもそもヴォルフスブルク戦での出場も危惧されていたという背景もある。

 そんなトルナリガが、遂に実戦復帰。この日は先発フル出場を果たしており、これからトップチームへと戦列復帰を果たしていくことができそうだ。なおこの試合ではヘルタがブディッサ・バウツェンに3−0で勝利。第15節を経過して3位につけてはいるものの、首位ケムニッツは2位に勝ち点差13をつけ独走態勢に入っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報